目の下 たるみ改善

一に保湿、二に保湿、三四がなくて、五に保湿

目の下 たるみ

 

年を重ねていくうちに年齢が一番で始める部分は目元です。

 

私もある日突然目元のたるみが気になり始めました。40才になった頃から少しずつ目元の小じわが気になり始めてはいたのですが、とくに目元のケアを強化させることもなく、たまに目元専用シートパックを使うなどしていました。

 

しかし、ついにたるみが気になり出すと、目の下にうっすら影が出来てしまい、化粧ではどうにも隠せなくなってしまいました。

 

急に自分の顔が老け込んでしまったかのように思え、このたるみを解消する方法はないものかといろいろ調べました。目の下の脂肪を取る経結膜下脱脂法をやるべきなのではと思い、これについてもいろいろ調べました。

 

さまざまな体験談や失敗談などを読み、経結膜下脱脂法は若い人向けの施術と知り諦めました。

 

次に見つけたのは脂肪を抜くのではなく、脂肪を入れる方法でした。頬をふっくらさせることで、目の下の影を目立たなくさせる方法でした。でも、これは脂肪がちゃんと定着するかが難しいというデメリットもあったので、結局名医は見つけましたが諦めました。

 

 

やはり、失敗もデメリットも少なく、お金も一番かからないヒアルロン酸を注入することに決めかけましたが、結局のところこちらも断念。そしてここから私の目元アンチエイジングケアが本気でスタートしたのです。

 

まず、たるみ、シワ、くすみ、すべての原因は乾燥です。お肌にとって乾燥はとにかく一番避けたい天敵であり、乾燥対策こそが美肌作りには欠かせない鍵となるのです。

 

とにかく、目元を24時間潤わせることを心がけています。

 

就寝前にたっぷりと目元にアイクリームや保湿クリームを塗ります。おすすめはドクターシーラボの金のリフトです。そして、翌朝は水で軽く顔を洗いますが、洗顔はあえてしません。それにより、保湿効果を日中も保つことができるのです。

 

今では目元のたるみはさほど気にならなくなりました。とにかく保湿です。保湿あるのみです。