目の下 たるみ改善

目標を立てて改善を目指しています。

私が目の下のたるみについて、少し気になったのは、20代の時でした。

 

20代の時には、そんな心配なんてすることはないと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

この私もそのことについて、全く気がついていなかったのです。

 

そしてそれは、毎日自分の顔を見ているので、そのことに慣れてしまって、そのことに気づいていなかったと思っています。

 

そしてそのことに気づいたのは、久しぶりにあった、友人でした。

 

私はその友人から、あった一言目に、とてもショックなことを言われたのです。

 

それは、老けたという言葉です。

 

その言葉を聞いたとき、最初は冗談だろうと思っていたのです。

 

そのように思ったのは、私に目の下のたるみについて自覚がなかったからです。

 

毎日の変化に気づかないというのは、本当に恐ろしいと、その時に感じたことでした。

 

そして友人が私を見て、そのように感じたと同じく、私もその友人を見て、少し疲れていると思ったのです。

 

それは、友人が私を見て感じた、その老けたという印象と同じということなのです。

 

私もその友人を見た時に、なんとなく疲れている様子というのが、目の下のたるみが原因であるということがわかったのです。

 

そしてそのことは、お互いにとてもショックを受けていたのでした。

 

このように毎日、鏡を見て化粧をしたりしているので、その大事な変化について気づきそうなのですが、案外と気づかないということなのです。

 

それは、とても悲しいことであると思ったことでした。

 

そのため、私が思ったことは、まず、時々その友人とあうことにしたのです。

 

そしてお互いにその変化について、はっきりといってもらうことと、報告をし合うことにしています。

 

すると、今度会うときまでには、このようなことをしようという、気合みたいなものを感じることができています。